Reportに戻る

2006年12月9、10日の2日間、樋口・杉本氏と一緒に那覇基地を初訪問、ばっちり取材してまいりました。
基地は沖縄那覇空港からモノレールで1駅、徒歩5分ですぐ近くにあります。
今までなかなか展示飛行しなかったので、航空祭でも極端に客足が少なく、
「ロープ柵の無いアットホームな航空祭」として妙な人気がありましたが、
最近ようやくブルーインパルスも飛行するようになり、たくさんの来場者が訪れるようになりました。
また12月半ばでも20℃を超える陽気や、美味しい海産物など、飛行機以外でもリゾート気分を満喫できます。
官民両用滑走路のため展示飛行は間延びしますが、その分民航機もいっぱい見れるわけで、
ぼけーっと飛行機を楽しみたい方は是非訪れてください。

 取材は9日、尾白鷲ファントムで人気の高い302SQを訪問、コクピットにまでもぐりこんでファントムを撮影、
さらに当日開催されていたCH-47Jチヌークの体験搭乗に飛び入り取材してまいりました。
10日は航空祭、空自に民航機と朝から晩までじっくり堪能取材できました。
 那覇基地広報と302SQの皆様、本当にありがとうございました。







垂直尾翼と尾白鷲マーク
もと北海道千歳にいた同隊は地元尾白鷲
のマークのまま那覇に赴任した

機首編隊灯

センサー

前脚カバーの注意書き

主翼下面エアブレーキ

主脚

戦技競技会参加のスペシャルマーキング部隊

マーチンベーカーシート
ヘッドはかちかちのプラスチック製

後ろパイロット席

樋口父さんうれしそうに座る

ヘッドアップディスプレー停止時、シートが上に
上がっているからご覧の視点

シートを下げてノーマル状態にすると
ご覧の視点に

前パイロット席

CH-47Jチヌーク機内

スパロー(白)とサイドワインダー(青)ミサイル
羽の取り付けはまるでプラモ

20ミリ砲弾

F-15Jイーグルは築城から飛来

ファントム武装、もちろん全てダミー

ファントムエンジン

チヌークと地上要員

302SQ対舎前の旗

那覇は海上自衛隊の基地も隣接する。
P-3Cの洗浄作業

ファントムのミサイル搭載作業

モデルのおねーさまにも突撃撮影

報告:松永富夫

エアーフェスタ2006 那覇基地