Reportに戻る

国産戦闘機・三菱F-1のファイナルフライトが開催された。

昭和53年に築城配備されて以降、無事故にて幕を閉じたことは奇跡に等しい。
あいにくの曇り空のため、式典およびフライトは短縮されたものの、
最後は花束贈呈や機首へのお神酒で幕を閉じた。
これで日本中のF-1はもう飛ぶことはなく、あとはスクラップか、基地内展示機への運命をたどることになる。






2006年3月9日、福岡県築城基地において