昼過ぎ撮影、朝は数百名の列 今後発売される駅弁サンプル。当日ほ販売無し
  
 プロムナードを過ぎてホールに入った所。
国産初の量産型蒸気機関車230型233号機(右)が出迎える
   
:2階から撮影。
手前から500系521-1、クハネ581-35、クハ489-1
 昭和レトロ展示スペースには当時の改札口や
ダイハツミゼットMPAなどが展示
   
  各種新旧脚まわりを展示 各種パンタグラフを展示。500系新幹線の
WPS204型パンタもありました。
   
 日本で唯一300キロ営業運転した500系新幹線。
エヴァンゲリオン塗装はなかったですが
エヴァ土産はありました。
 DD51-756.車体の下に通路があって
脚まわりを観察できます。
   
ワム3500-7056。国内現存4輌のうちの1輌
実はこれが1番貴重な展示車両。
 183系電車トイレ和式便器。
183系特急普通車に設置されていたもの。
磨いてはあるが、使用された本物!
   
 
 100系122-5003。平成元年日立製作所製造、26.05M56t。床にライトも設置されているので内部も観察できる。
   
 2階レストラン。混雑必死  レストランの窓からはJR京都線と貨物基地が見える
   
 梅小路蒸気機関車庫と転車台  C58-1お召SLと車庫天井。排煙口に注目
   
 SL第2検修庫前で改修されるC61-2  検修庫前で配置されたSLパーツ
   
 出口前のミュージアムショップ。狭いので混雑必死
お勧めは石炭ラスク(真っ黒で本物の石炭みたい)
当日販売無し
 旧二条駅舎がそのまま出口となる






Reportに戻る
報告;松永富夫
2016年4月29日金曜日にグランドオープンする京都鉄道博物館の内覧会に行ってきました!
大阪弁天町に昔あった鉄道博物館に毛が生えただけの
子供向け施設かと思いきや、その内容は圧巻・壮絶の一言!
展示車両や内容など、埼玉県大宮の鉄道博物館をしのぐ素晴らしい出来上がりでした!
当日は朝10時に京都駅からタクシー(5分)で向かったのですが、
限られた内覧会にもかかわらず、数百名の列ができており、
入場まで時間を要しました。
招待関係者ばかりなので、スーツ着用で行ったのは正解でしたが、
中には「どうやってもぐりこんだんだ?」という鉄道オタクもちらほら・・・
至る所に貼られた「三脚撮影禁止」の紙が笑えました。
オタクを横目に適当に見学する予定が、気づけば休憩無しで3時間みっちり見学、
写真も数ギガを要しました。
私の大好きな100系新幹線を見た途端理性が吹っ飛び、車体はもちろん
スカートの中まで寝そべって撮影する私はきっと”立派な鉄オタ”だったのでしょう(笑)
とにかくJR西日本が本気で作った鉄道博物館、皆さんも是非お立ち寄りください。 」
京都鉄道博物館 内覧会 2016年4月20日 水曜日